2022/07/28

M&A思考トレーニングレポート(第3期9講目)

講師からの一言


この講座では世界の時価総額ランキングを紹介していますが、ランクインされる企業が日本市場や企業経営に関連しているのか、オマハの賢人と呼ばれるウォーレン・バフェットを通して学びます。

本日のポイント

会社分割は、個別交渉をおこなわずにすむ、というのが大きなメリットです。

事業再生を目的としたM&Aでは有効なツールにもなります。完璧に理解していなくて、言葉を知っていることが重要です。

2022年7月25日は、M&A思考トレーニング第3期コース9回目を開催しました。

本日のセッションは、ビジネス・リベラルアーツ(多角的視野の醸成)として「バフェットに学ぶ投資と企業経営」を取り上げます。

M&A実践講座としては、M&Aの現場で利用する機会も少なくない「M&Aの応用スキーム」を取り上げます。

ビジネス・リベラルアーツ(多角的視野の醸成)

本日のセッションは「バフェットに学ぶ投資と企業経営」です。

この講座では世界の時価総額ランキングを紹介していますが、トップ20にランクインされる企業が日本市場や企業経営に関連しているのか、オマハの賢人と呼ばれるウォーレン・バフェットを通して学びます。

バフェットがどの企業に投資し、あるいは売却しているのか? その投資スタンスや投資方法は?。 投資と投機の違いを学び、M&Aそのものが投資であることを理解していきます。

「M&Aの実践的知識」:M&Aの一般的プロセス

本日のセッションは「M&Aの応用スキーム」です。

M&Aの応用スキームは、「会社分割」を中心に「株式移転」、「株式交換」の3類型あります。

特に会社分割は、株式譲渡や事業譲渡と並んで譲渡スキームを考えるときのベースとなります。

スキームの説明は、概念だけではわかりにくいので、「会社分割」・「株式移転」・「株式交換」のすべてをセットされた東芝・キオクシアをモデルケースに説明をおこないます。

MENU