2022/03/03

M&A思考トレーニングレポート (第3期4講目)

2022年2月28日は第3期のM&A思考トレーニングを開催!

今回は、第3期4回目の講義です。

□セッション「多角的視野の醸成」

今回のテーマは、「ESGの開示基準・評価、その課題」です。

世界的に気候変動が最大の課題となるなか、金融・経済はESGファイナンスへのシフトを加速させています。長期投資の視点では、長期的なリスクを抑える必要がある、という考えから、ESGファイナンスの規模が年々大きくなっています。では、ファイナンスを受ける企業にとってどのようにESGを開示し、また評価されるのか、というのが今回のテーマです。

□セッション「M&Aの知識:会社の仕組み③財務会計2」

今回は、「会社の仕組み③・財務会計2」の講義です。

M&Aでは投資対象企業の財務分析がとても重要です。財務諸表の数字を分析することで会社の姿を読み取ることができるからです。

前回は損益計算書でしたので、今回は貸借対照表、キャッシュフロー計算書を分析します。

損益計算書と貸借対照表は見慣れている方も少なくないけれども、キャッシュフロー計算書に触れる機会はそれほど多くはないと思います。講義の後半には、貸借対照表と損益計算書を作成する簡単なワークをおこないます。

MENU