国内外でのサポート実績

M&Aアドバイザリー業務

同業他社のM&Aによる売り上げ規模拡大

  • 売却側は早期の資金化による事業の選択と集中が加速!
  • 買収側は多角化が実現し、規模拡大による市場のプレゼンスが高まった!
  • 雇用維持、人材確保!
成果

どんな会社?(C社)

  • 事業内容: 外資系資本による飲食業
  • 事業規模: 売上高5億、黒字
  • 事業エリア: 西日本
  • 従業員数: 20名

ビジネスの状況は?

  • 外資系企業の傘下に入ったことで、事業の選択と集中に迫られていた。今後業容拡大する新事業への転嫁をはかるため、コア事業にならない業態である粉もの事業を売却する方針決定。
  • 売却により雇用を維持し、資金化を早期に進め、新規事業に資金を活用する。

経営課題

  • ノンコア事業の売却で早期資金化
  • 双方M&Aを活用することで従業員の雇用を維持
  • 売却側は新業態の早期の日本展開に迫られていた

実行内容(スキーム立案・実行+アフターM&Aサポート)

  • 買収先の候補企業の紹介と選定
  • 買収スキームの立案と進行
  • 双方の代理人となることでスピーディーな交渉
  • 豊富なM&A経験による的確な価格アドバイス
  • 経験豊富な会計士、弁護士とのスムーズな契約交渉
  • 売却後のアフターM&Aサポート

オプティアスのプラスワン!さらに…常日頃から様々な業種にM&A戦略を提案しているため、短期間でのM&Aが可能になる

  • 顧客のニーズを的確にとらえ、双方のメリットを検討しながら進めることで、売り主、買主ともに信頼関係が醸成しやすい