NEWS

SBI HDが仮想通貨のコールドウォレット事業展開の台湾企業に出資

SBIホールディングス株式会社http://www.sbigroup.co.jp/)が、仮想通貨のコールドウォレット事業を展開する台湾のCoolBitX Ltd.(クールビットエックス)への出資を発表した。

 

CoolBitX社は台湾で、仮想通貨を保管・管理するためのコールドウォレット(※)の開発および販売を行っている。昨今の相次ぐ仮想通貨盗難事件を受け、仮想通貨を保全するウォレット機能が重要視される中、CoolBitX社のコールドウォレット「CoolWallet」は薄くて軽い特長のうえ、Bluetooth機能によるiOSおよびAndroidへの接続が可能なデバイスとして注目を集めている。

仮想通貨取引所などの仮想通貨関連事業によって構成される仮想通貨生態系を構築してきたSBIグループでは、各事業において、顧客資産の保全を第一と捉え、徹底した社内リスク管理に加え、外部企業の先進的技術の取り込みによるセキュリティ高度化を模索してきた。今回の出資により、CoolBitX社の技術活用を検討しつつ、一層のセキュリティ高度化を目指す。

 

この出資によるSBIグループのCoolBitX社への出資比率は40%となる。

 

(※)インターネットと切り離されたウォレット

 

■弊社の海外企業関連のサポート実績はこちら↓

海外法人の立上げ・事業開始サポート「海外現地法人の生産効率向上とマネジメント力強化」(http://optius.jp/results/552/)

海外法人の立上げ・事業開始サポート「東南アジア進出調査(FS)&パートナー候補紹介」(http://optius.jp/results/492/)